皮膚科で受けられる腋臭症手術やミラドライの料金は?

本人が気になるだけでなく、周囲にも不快な思いを与えてしまうワキガ。

ワキガの人は、なんとかしたい、と毎日のケアに気を使っていることでしょう。

ワキガを抑えるためのデオドラント商品は、多数販売されています。

しかし、どれも対処療法であり、ワキガの根本治療とはなりません。

ワキガを根元から断ち切りたければ、皮膚科の受診をオススメします。

ワキガの治療は、美容手術と思われがちですが、「腋臭症手術」の場合、保険診療となるため、費用を安く抑えることができます。

費用は保険適応された場合、片脇22,000円、両脇で45,000円です。

手術の流れは、脇に局所麻酔を行った後に、メスを使って切開し、毛が生えている部分の周囲の皮膚を剥離します。

十分に皮膚を剥離したあとで、皮膚を反転させて目視でニオイの原因である「アポクリン腺」を切除します。

熟練した医師が目視でアポクリン腺を除去するので、取りこぼしもなく、しっかりとアポクリン腺を取り除くことができます。

この手術は、確実性が高いですが、メスを入れるのが嫌という方もいるでしょう。

そういう方は、メスを必要としない「ミラドライ」がオススメです。

ミラドライは最先端のワキガ・多汗症治療として注目を浴びている治療法です。

こちらは、保険診療ではないので、料金は両脇1回30万円程度と高額になります。

しかし、マイクロ波エネルギーを利用してメスを使わずに、アポクリン腺を破壊するので、手術跡が残ることもなく痛みも生じません。

また、直接メスを入れないので、施術後のダウンタイムが短く、すぐさま通常の社会生活を送れるようになるメリットがあります。

施術時間も両脇で60分程度なので、忙しくてまとまった時間が取りにくい方でも、気軽に利用できます。

また、ミラドライは効果が薄いなどの口コミがありますが、実際には外科的手術と同等の長期間の効果が期待できます。

アポクリン腺とエクリン腺の機能を失わせるので、ワキガ・多汗症の両方に効果が高いのがミラドライです。

このように、費用と施術方法の差はありますが、皮膚科で有効なワキガの治療を受けることができます。

ワキガの根本治療を考えるなら、皮膚科の受診がオススメです。